遺産相続とは?

良く耳にする「遺産相続」とは、どのような仕組みなのでしょうか。

「遺産相続という仕組みがあるのは分かっているが、詳しいことは知らない」という方も多いですよね。

今回は、遺産相続とはどのようなものなのかについて、簡単に紹介します。

言葉は知っていても内容まで知らないという方は、ぜひ最後までご覧ください。

遺産相続とは

遺産相続

被相続人の遺した財産・権利・義務を相続人が受け継ぐ仕組みが、「遺産相続」です。

・被相続人……亡くなった人
・相続人……財産を受け継ぐ権利がある人

ただし同じ相続人であっても、相続の優先順位や、相続出来る割合には違いがあります。

相続の優先順位や割合などは民法・相続税法で詳しく定められているので、相続をする時には確認が必要です。

遺産相続には、3つの種類があります。

・単純承認……被相続人のすべての権利義務を承継する
・限定承認……被相続人から相続した財産の限度内で、被相続人の債務などを弁済する
・相続放棄……被相続人の権利義務をすべて放棄する

借金などマイナスの財産も含めて相続しなくてはならないのが、遺産相続です。

そのため遺産相続には、限定承認や相続放棄といった仕組みも設けられています。

限定承認・相続放棄は、相続の開始を知った日から3か月以内に手続きしなくてはなりません。

相続の開始から3か月何もしないと単純承認となり、債務を含むすべての権利義務を承継することになります。

遺産相続の手続きはどんな流れ?「遺産相続の手続きはどうしたら良いのだろう」という疑問をお持ちではありませんか。 どんな手続きをしたら良いのか分からないとお困りの...

相続税とは

相続した財産の課税価格が基礎控除額を越えるときに納めるのが、相続税です。

遺産相続といえば「相続税を支払わなくてはならない」というイメージをお持ちの方も多いでしょう。

しかし財産の課税価格が基礎控除額以下であれば、相続税は不要となります。
基礎控除額は以下の計算式で算出が可能です。

・3,000万円+600万円×法定相続人数

相続税が掛かるかどうかを知るためには、まず財産の課税価格や法定相続人の数を調べてみてくださいね。

まとめ

今回の記事では「遺産相続」について、どのようなものなのか簡単に紹介しました。

遺産相続は動く金額も大きいため、法律で規定されていても、トラブルになりやすいのが現状です。

また相続には様々な書類が必要で、仕組みも複雑であるため、専門的な知識が必要です。

実際の遺産相続にあたって不安要素があるのなら、弁護士など専門家のサポートを受けることをおすすめします。